WUTO-FARM​

​育むファーム和    生産者 倉内さんと協働農園 

土地恵みまれる

倉内さんとの連携農園HP_edited.png
玉ねぎ植え付け体験2_edited.jpg
玉ねぎ植え付け体験2_edited.jpg
ウトメンバー_edited.png

育てる・作る・食べる

Naurture  farm

​ 郷土の恵みにより、人は豊かな心を育んでいくものだと思います。

 土に触れ、手には種や苗を持ち未来への期待を込めて植え付ける。 作物を育てる体験を通して考える・感じる・知る。感謝する。交わる。見つける。やってみる。ことなど自然環境の中で新しい価値観が育まれます。

玉ねぎ植え付け体験3_edited.jpg

​関わり支えあう場づくり

Involvement farm

畑の上でのコミュニティー
 私の祖母は畑をしています。そこで行われているのは、その土地独自の育て方・料理方法などを日常の対話で意見交換し、気づけば野菜の物々交換も行われています。種類が増えると手間も増えるため、育てる種類は少なくても関わり合いと交換で多種多様な食材が食卓に並び、

「これは○○さん家の茄子でなぁ」と、

​食卓の会話にもなってて、地域を知る機会がありました。

 

食と生活には、人との関わりや支えあいが

切っても切れない文化として根づいてると思います。

ウトメンバー_edited_edited.png
玉ねぎ植え付け体験3_edited.jpg
黒い土
黒い土

休耕地の活用

​sustainable farm

農業従事者の高齢化や若者の農業離れなどさまざまな理由によって作物が栽培されていない農地が増えています。休耕地を耕作放棄地にならないよう若手生産者の方に依頼が多く寄せられます。食料自給率が下がる一方で世代を超え肥やし継ぎ繋がれてきた農地を活かせるよう、できることからコツコツ挑戦

収獲体験イメージ_edited.png

​場所

場所 徳島県阿南市上中町  

キョーエイ上中店 横  

 2021年10月    計画    

 2021年12月   植え付け体験  

 2022年 1月    看板の設置

 2022年 5月頃  収穫体験予定  

カーボロネロ.png
看板_edited.jpg

 育むファーム和  
   代表  倉内 和哉

 🌱子供たちの農業体験・収穫体験
 🌱野菜を育てる喜びを感じ、
  味わう食育体験イベント開催🐻
 🌱野菜嫌い🍅の子供を1人でも
  減らせたら、いいな🐱

  • Instagram
倉内さん.png
Image by Randy Fath
14532.jpg
ブロッコリー.jpg
Image by Marisol Benitez
FARM看板_edited.jpg